CaseStudy

骨粗しょう症
Osteoporosis

超高齢社会を迎え、日本の総人口の10%である1,300万人の方が骨粗しょう症であると言われています。
隣接するほしやま整形外科医院では、治療に対して以下の3つの方法を提示しております。
  • 1食事療法

    カルシウムを1日(800mg)を摂取、ビタミンDの摂取
  • 2日光浴

    1日10分から30分(季節天候に応じて)
  • 3運動療法(当ジムの目標)

  • 4薬物療法

3までを治療の基本とし、改善がない場合は薬物療法へと進んでおります。
宇宙飛行士は宇宙滞在で地球上の10倍の速度で骨密度が低下するとされ地球に帰還後の骨折リスクを下げるために運動を実施しております。
重力に抵抗した加重負荷運動、筋力トレーニングは骨粗しょう症予防に大切です。
当ジムでは保険診療の限界を突破し、クリニックで実現できない運動療法を中心に健康サポートをさせて頂きます。

痛み,しびれ
Neck ache, Shoulder ache, Low back pain,
Numbness in the limbs

隣接するほしやま整形外科医院はオフィス街の中心にあり、デスクワークなどの過労から痛み、しびれを発症し悩んでおれられる方が多く受診されています。
精密検査の結果、多くの方がデスクワークやスマートフォンの長時間の使用により背骨の姿勢異常をきたしていることがわかっております。
この治療方針として理学療法、薬物療法を実施しておりますが、姿勢改善の評価などは保険診療の枠組みでは十分に評価できないのが現状です。
当ジムでは最新のAIシステムを導入し、姿勢異常の改善を時系列で評価できます。
また、ジム内で十分な運動療法を実施して頂き、
  • Pain free
  • Drug free
  • Dr free
を実現するように努めて参ります。

スポーツ障害
Sports injury

野球、ゴルフ、スポーツ、サッカー、バレエ、ラグビー、マラソン、水泳など現代社会では多くの運動を健康増進のため取り入れている方が多くおられます。運動前の準備体操、運動の後ケアが十分にできず痛みを発症してほしやま整形外科医院を受診される方が多くおられます。多くの方は体幹を中心にした筋力の低下、柔軟性の低下が原因となっております。
当ジムでは効率良く体の柔軟性、体幹筋力の増強を目指し最高グレードのパワープレートを導入して、怪我なくスポーツを継続していただくためにアスリートをサポートさせて頂いております。

変形性膝関節症
Osteoarthritis of the knee

二足歩行する際に使用する下肢の中心的な関節は股関節、膝関節、足関節です。
この3つの関節の中で一番不安定であるとされる膝関節は靭帯、筋肉で大部分をサポートされております。年齢を重ねると筋力低下が起こり膝関節のサポート機能が失われ不安定になることで軟骨同士がすり鉢のように擦れ合い摩耗します。
筋力低下は変形性膝関節症の原因の大きな要素とされ、ほしやま整形外科医院では関節の柔軟性、筋力の回復を理学療法により実施しております。
筋力増強は十分な時間をかけ、継続することが必要です。
保険診療では理学療法には限界があり、十分にサポートできないのが現状です。
当ジムでは最新の下肢筋力トレーニングマシーンを導入し、安全、効率的に膝関節周囲の筋力を増強させ、変形性膝関節症の予防と進行を遅らせ痛みなく歩行できるようにサポートさせて頂きます。

再生医療
Regenerative medicine

ほしやま整形外科医院では再生医療を取り入れ、保険診療では実現できない新しい治療に取り組んでおります。筋力UPを目標にするだけの従来型のジムでなく、故障したアスリートをスポーツ復帰を目指し、再生医療とタッグを組んだ新しい形のジムを目指します。
  • 変形性膝関節症
  • スポーツ障害
  • 野球肩、野球肘
  • ゴルフ肘
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱断裂
無料体験